ダイエットが必要な猫

猫も私たち人間と同じで、太り過ぎや肥満は避けなければなりません。健康を害してしまうリスクが高くなってしまうからです。体が重くなれば、関節にも負担がかかります。ヘルニアになったり関節炎が起これば、痛みがある為運動しづらくなり、結果益々太ってしまうこととなります。このようなことにならないように、飼い主さんは日頃から猫の体型をチェックするようにしたいもの。そしてもし太ってきたことが感じられダイエットが必要のようなら、早めに対応をすることをお勧めします。肥満になると皮膚病になりやすくなったり糖尿病の心配も出てきます。他にも、高血圧になったり心臓に負担をかけることにもなります。

可能であれば、今まで以上に運動させるようにしてみましょう。飼い主さんが是非一緒に遊んであげてください。また、キャットフードをダイエット用のものに変えてあげてください。こういったタイプのキャットフードも多数出ています。但し、今までの食事量を大幅にカットするようなダイエットは危険ですからお勧めできません。これは、猫の脂肪肝を招いてしまいます。運動とカロリーを落としたダイエット用のキャットフードでゆっくりと減量して行くのがお勧めです。