様々な種類

キャットフードには色々な種類があります。ドライタイプと呼ばれるものは、かりかりとした硬い食感が特徴です。水分が少ないので、長期間の保存が可能になっています。歯に歯垢が付きにくいといったメリットもありますし、栄養バランスが良いといった良さもあります。保存する時は、直射日光を避けて涼しい所に置きます。開封した後は、密封できる容器に入れて保管しましょう。

ウェットタイプのキャットフードは、水分が多く柔らかくて食べやすいといったメリットがあります。パウチや缶詰などがそうです。こちらは、開封したら長期間の保存はできません。開封したら冷蔵庫で保管。一日以上は保管することができませんので、残った時は捨ててください。この他にも、半生タイプがあります。こちらは、比較的柔らかめに作られていて、水分もウェット程ではありませんが多めになっています。

市販されているキャットフードはこのように色々なものがありますが、その中でも内容によって違いがあります。水と一緒に与えるだけで、必要な栄養素が取れる「総合栄養食」。この他に、「一般食」、「嗜好食」、「副食」などがあります。総合栄養食以外のものは、栄養のバランスが取れていませんので、そればかりを長く与えるようなことはしないでください。

参考資料《https://www.symplycatfood.jp/cart
…ドライタイプの総合栄養食キャットフード「シンプリー」